『見えない都市』 イタロ・カルヴィーノ

巡察使マルコ・ポーロが皇帝フビライ・ハンに自分の見てきた不思議な都市について語る、という形式の小説。ラノベファンの人には『キノの旅』を想像してもらうと分かりやすいかと。

さすがSFファンタジー『レ・コスミコミケ』を書いたカルヴィーノの作品だけあって、マルコ・ポーロが中世の言葉で現代都市や未来都市のことまで語っているように見えるところが面白いです。
月の運行軌道にまで達した尖塔がそびえ立つ都市ララージュの描写は実は軌道エレベーターの描写なのではないかと思えますし。

あと、マルコ・ポーロが大地図帳を見ながら想像する事柄もSF的でしびれてきます。

“それからさらに千年後には、やがてはついに黄色と黒と赤の諸人種を生き残った白人たちの後裔ともども、偉大なる汗の帝国よりもなお広大な帝国に融合させるにいたる三百年もの長い攻城戦ののち、太平洋の首都として栄えるようになるのかもしれぬ、と”(P178)

※ ※ ※

マルコ・ポーロ好きなんですよ。陳舜臣『小説マルコ・ポーロ』の秘密工作員的に描写されたマルコ・ポーロの魅力にやられて好きになったところがあります。光栄の某シミュレーションゲームでも全世界トップクラスの策謀能力を持っていたりしますし。

マルコ・ポーロは元朝側に記録が少ないことから、実は中国には行っていない(ホラ吹き)とか実在の人物ではないとまで言われたりしますが、記録に残っている数少ない仕事が最重要クラスのものであるがゆえに、一種の懐刀的な謀臣であったのではないかと想像されるところなど、日本でいうと山本勘助と似たような扱いをされているフシがあります。

『見えない都市』はこの魅力的かつミステリアスな人物が語るという点で、私にとっては単なる文学的評価だけではなく『キノの旅』と同じくらいキャラクターの魅力にも溢れた小説だといえます。
(2008/08/06)

見えない都市 (河出文庫)
見えない都市 (河出文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA