『夜市』恒川光太郎

第12回日本ホラー小説大賞・大賞受賞作。

高校時代の同級生・祐司に夜市に行こうと誘われたいずみ。存在するはずの無い夜市では妖しい存在が様々な謎の品物を売っていました。怖くなったいずみは帰りたいと訴えるのですが、祐司は何かを探している様子。
祐司が夜市にやってきた真の目的は、子供の頃に〝野球の才能〟買うために売ってしまった弟を買い戻すことだったのです。

山尾悠子の幻想小説を思い浮かべてしまいました。雰囲気がなんとなく・・・。ただ、山尾悠子の作品よりも人間の温もりみたいなのが感じられます(というより山尾悠子の幻想世界では人間の醜い部分も冷静に提示されるからかもしれませんが)。

私はもっと恐ろしい、酷な結末になるのかと考えていたので、逆に物足りなく感じてしまいました。ホラー大賞ですから、残酷であるがゆえに本当に泣ける『D・ブリッジ・テープ』みたいなのを期待していて・・・。

ただ、ファンタジーとしては非常に良質な作品です。もうひとつの収録作『風の古道』も幻想的イメージに溢れていますし。
夜市 角川ホラー文庫
夜市 角川ホラー文庫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA