shirone_koma のすべての投稿

テスト

『未来少女アリス』 ジェフ・ヌーン

うーん、これは原文で読むべき本なのかも。『不思議の国のアリス』の続編パロディなのですが、オリジナルと同じく英語の言葉遊びがかなりあるっぽい……。訳者の風間氏は原文のニュアンスを伝えようとかなりがんばっているのですが、やっぱり微妙な韻やダジャレを日本語にするのは難しいですね。
内容ですが、前半はまさにアリスそのもの、後半はいかにもジェフ・ヌーンな感じになってました(ベースは『鏡の国のアリス』?)。ヘビ女警官と自動人形アリスがピストルで撃ち合うラストシーンとか、なんともシュールな展開が『ああ、やっぱりヌーンだ』と思ってしまいます。

この作品、全然雰囲気が違いますが、私の中で最高のファンタジー『ヴァート』三部作の外伝という位置づけになっているみたいです。イギリスのマンチェスターが舞台だったり、動物人間がたくさんいて普通の人間が希少種になってたり、ヴァート麻薬の最初の発見者・ホバート博士の名前がでてきたり、『ヴァート』と共通する設定・単語が結構出てきます。『未来少女アリス』の舞台が1998年なのに対して、『ヴァート』が(科学技術レベルから考えて)21世紀後半から22世紀くらいの近未来を舞台としているようなので、『アリス』は『ヴァート』以前の話と考えられそうです。

警察がヘビ人間に統括されているところは『ヴァート』作中の警察ネットワークがヘビの魔物に支配されていることに繋がってくるような気がしますし、動物人間をつくりだす(人間と動物を混血する)キャリオン素粒子は、『花粉戦争』で語られる凶悪な不妊治療剤・大豊穣薬十号のプロトタイプなのかもしれません。でも、色々矛盾もあるので、実際は時間軸の繋がった話ではないのかも。
とりあえず、ネコミミ好きとしてはネコ娘が登場するのが嬉しいですね。今までのヴァートは基本的にイヌミミ(しかも一匹狼的な犬のおまわりさんとか)が活躍する作品だったので。
……まあ、バラバラ死体としてしか登場しませんが。

<プラチナ・ファンタジイ> 未来少女アリス (ハヤカワ文庫 FT)
<プラチナ・ファンタジイ> 未来少女アリス (ハヤカワ文庫 FT)

『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン

なんだか鬱になるような展開の近未来SFばかり集められた短編集(脳をいじくられたりとか、狂信的科学者がウイルス兵器をばらまいたりとか)。
一番インパクトが強かったのは表題作『しあわせの理由』でした。ウイルス治療の副作用で『しあわせ』を感じる脳内物質ロイエンケファリンの受容体を破壊されてしまい、不幸しか感じることのできなくなった少年が、人工脳神経によって再び幸せを取り戻すまでの物語。脳のある機能が一部分だけ壊れてしまうというのも怖いですね。ラストのモノローグが結構いいです。

しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)
しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)

イラスト集

当サークルの看板猫クロエのイラスト集です。
pixivにもイラストを投稿しています。

※2015年のみみけ新刊用に描いた、メイドコスプレ看板猫。
rakugaki_2015_1

※2013年のみみけ新刊用に描いた看板猫。
rakugaki_123

※2012年の夏コミ新刊用に描いた看板猫。
rakugaki_122

※2011年の冬コミ新刊用に描いた看板猫。
rakugaki_120

※2011年頃に描いた看板猫。
rakugaki_118

※2011年新年に描いたバニーコスプレ看板猫
rakugaki_117

※2009年頃に描いた看板猫
rakugaki_105

※ここから下は他の方から頂いたイラストです!

kkネコ様から。
セクシーに、そして猫らしくしなやかでスマートな感じに描いていただいて本当にうれしいです!
present2

みさきあきら様から。
愛らしいエプロンドレス姿を描いていただきました!
present_1