[旅行記]アメリカ(ワシントンDC) その2

次なる目的地は国立航空宇宙博物館。
人類が空を飛び始めた頃から最近までのありとあらゆる航空機が稼働可能な状態で展示されています。今回の私の旅のメインのひとつ。

全長208m×3階建てという広大な面積の建物の中に、本当にすごい数の飛行機が展示されていて、一種のテーマパークのような雰囲気になってます。実際、子供もかなり多くて、スミソニアン博物館群の中でも最も人気があるというのもわかる感じ。

とりあえず見たものを記していきますよ。

ダグラスDC-3旅客機。1935年から全世界で2万機も作られた傑作旅客機。日本では国内ライセンス生産されたものが海軍で「零式輸送機」として使われたのが有名かも。
ずんぐりむっくりしてテカテカしているのがアメリカンな航空機という感じ。
 Ame_photo031

1950年代に活躍した後継機のダグラスDC-7旅客機の一部が展示してあって、内部が見られるようになっています。飛行機というより、なんだか特急列車みたいな雰囲気ですね。
Ame_photo034

Ame_photo035

1933年に開発されたボーイング247-D旅客機。ボーイング社が材木会社から飛行機メーカーに転身するきっかけとなった全金属製旅客機です。飛行能力は高性能だったらしいけれど乗り心地がイマイチで、後から出た居住性の良いDC-3に人気を奪われてしまったらしい。旅客機は乗り心地が重要だよね、、、
Ame_photo036

Ame_photo037

飛行黎明期からの展示。
18世紀にフランスで考えられた未来の気球式豪華客船「LA MINERVE」。ファイナルファンタジーとかに出てきそうな感じ。
Ame_photo038

ライト兄弟の作った世界初の飛行機・フライヤー号の実物大模型。思っていた以上に翼幅が大きいのと、操縦者があんまりにも無防備なのに驚く。着陸する時とか、よく怪我しなかったよね、、、
Ame_photo039

大西洋横断で名高い飛行士のチャールズ・リンドバーグが、アン夫人と1931年と1933年に世界旅行するのに使ったロッキード 8 シリウス。カラーリングがおしゃれ。
フロート付いている水上機は、実物を見ると写真の印象以上にでかいなあと感じるんですよね。
Ame_photo032

Ame_photo033

第一次世界大戦の複葉戦闘機・爆撃機。この時代の軍用機はあまりよく知らないのだけど、勉強したら面白そうだなあ。
ドイツ軍のアルバトロスD.Va戦闘機。カラフルな塗装が印象的。
Ame_photo040

ドイツの高高度戦闘機・フォッカーD.VII
Ame_photo042

フランスの誇る高速複葉戦闘機・スパッドXIII。
Ame_photo041

フランスのヴォワザン爆撃機。
Ame_photo043

続いて第二次世界大戦の軍用機。
ダグラス・SBD-6ドーントレス艦上爆撃機。ミッドウェー海戦で日本の空母・赤城、加賀、蒼龍、飛龍を撃沈し、太平洋戦争の転機を作った機体。わりとスマートな印象。
Ame_photo044

グラマン・F4F艦上戦闘機。実質的な零戦のライバル。ずんぐりむっくり。
エンジン部分が開いてあって仕組みがよく見えるようになっているのと、空母収納時の翼をたたんだ状態にしてあるところが、この博物館ならではの構図ではないかと。
Ame_photo045

Ame_photo046

ノースアメリカン・P-51ムスタング。バランスが良く、大量生産された傑作戦闘機。今まで見た他国の航空博物館だと、飛行状態で展示されているのが多かったから、脚を出して着陸態勢なのは初めて見ました。
Ame_photo047

スーパーマリン・スピットファイアVII型。英国を代表する名戦闘機。P-51と違ってメタリックにテカテカしていないのがイギリス。ウィキペディアを調べると、VII型の現存機はこれだけなんですかね?
Ame_photo048

零式艦上戦闘機五二型。
五二型は鹿児島の鹿屋航空基地史料館で見たことがあったけど、こちらは飛行形態での展示。鹿屋で見たときは一機だけ部屋にドンと座っていたから大きい印象があったけど、同時代の欧米の戦闘機と並べると細っこいイメージが強くなりますね。
Ame_photo049

ドイツの名戦闘機・メッサーシュミットBf.109G-6。
Ame_photo050

イタリアのマッキC202フォルゴーレ。高性能だけど火力不足で苦戦を強いられた伊軍の主力戦闘機。イタリアの機体は初めて見た。なかなか他では見られなさそう。
Ame_photo051

ドイツ驚異の科学力、世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミットMe262。シルエットがやっぱりカッコイイよね。
Ame_photo052

Ame_photo053

同じフロアに展示されていたアメリカ初の実用ジェット戦闘機ロッキードXP-80ルル・ベル。人類史上初の時速1000kmを記録した機体。
Ame_photo054

実用化はされなかったけれど、米国初のジェット戦闘機であるP-59エアラコメットも大展示室にありましたよ。
Ame_photo055

ここから大戦後~現代の航空機。
超音速飛行と有人宇宙飛行のデータ収集を目的とした実験機・ノースアメリカンX-15。1963年に有人機として人類で初めて高度10万6000mの「宇宙空間」に到達した航空機。巨大すぎてうまく画面に収まるように写真が撮れなかったです、、、
Ame_photo056

Ame_photo057

ダグラス・D-558-2スカイロケット。超音速飛行実験機。1953年にマッハ2の記録を打ち立てました。
Ame_photo058

ジェネラルアトミックス・MQ-1Lプレデター。偵察型無人航空機を攻撃用に改良した機体。もう少しラジコンチックな感じなのかと思っていたのですが、普通に大きな飛行機で、結構威圧感があります。
Ame_photo059

[旅行記]アメリカ(ワシントンDC) その1

2015年のGW・4月29日~5月5日の期間でアメリカのワシントンD.C.に旅行した時の記録です。

最大の目的はスミソニアン博物館を見ること。博物館好きなので・・・。

今回の旅では全日空・ユナイテッド航空の共同便を利用。
約12時間の飛行。成田16:00出発―ダレス空港15:50到着と、出発時と到着時がほぼ同じになるので、なんだか半日分得したような気分になります。(帰りは半日分損するんですが)
Ame_photo001

ホテルはワシントン記念塔、スミソニアン博物館群のあるナショナル・モール地区から歩いて10分くらいの場所にとりました。
今までの経験から、博物館をがっつり見ようと思ったら、徒歩圏内で行ける場所にホテルをとるのが良いと判断したので。
Ame_photo002

1日目に見たワシントン記念塔。
天気が良くなかったせいで、なんだかRPGのラストダンジョンみたいな雰囲気でした。
Ame_photo003

鉄骨で造られる近代的なタワーと違って、石造りで169mという驚異的な高さがあるので、ファンタジーっぽい建築物の印象を強く受けるんですよね。ドラクエの塔とか、こんな感じなんだろうなあと思ったり。
Ame_photo004

とりあえず19あるスミソニアン博物館群のひとつ、国立アメリカ歴史博物館へ。
ここだけでも半日くらい入り浸れるくらいのボリュームがあります。
Ame_photo005
Ame_photo006

18世紀の産業革命~帝国主義時代から、ごく最近までの事物がたくさん展示されていました。

こちらはグラハム・ベルの蓄音機や電話に関する研究を展示したスペース。当時の蝋管からグラハム・ベル本人の肉声を聞いたりもできます。結構渋い声です・・・。
Ame_photo007

Ame_photo008

こちらは時代ごとの道具を展示したスペース。
電信機と懐中時計。
Ame_photo009

有名なホイットニー紡績機の現物。
Ame_photo010

リンカーンのデスマスク。今でもリンカーンはアメリカ人に大人気みたいですね。
Ame_photo011

タイプライター。
Ame_photo012

フランクリン・ルーズベルト大統領が1930年代にラジオ演説で使っていたマイク。
Ame_photo013

セサミストリートのカウント伯爵。こういうのもあります。
1970年代からやっている番組だから、もう伝統文化の一つといえるのかもですね。
Ame_photo014

アップルIIコンピュータ。実物は初めて見た・・・。
Ame_photo015

かなり最近のもの。9.11テロの一部始終を捉えていたビデオカメラ。
Ame_photo016

スペースは変わって、大型の展示物のコーナー。
英国様式を残した18世紀末の家が丸々展示されています。
Ame_photo017

独立戦争時に活躍したらしい砲艦フィラデルフィア。
船首に12ポンド砲を装備した強力な船でしたが、英軍の24ポンド砲の砲撃を受けて沈んだとのこと。
Ame_photo018
全体像はこんな感じ。
Ame_photo019

ほかには馬車とか。
Ame_photo020

1831年にニューヨーク―フィラデルフィア間を走っていた蒸気機関車が丸ごと展示してあったりしました。
Ame_photo021

次は戦史のコーナー。独立戦争から・・・。
Ame_photo022

20世紀の帝国主義時代。米西戦争の展示。
Ame_photo023
米西戦争時の米アジア艦隊旗艦・装甲巡洋艦ブルックリンの模型。
Ame_photo024

太平洋戦争についてもかなりのスペースを割いて展示されていました。
Ame_photo025

B-17の製造工場の様子を展示したもの。日本のこういう展示と違って、人形の表情がものすごくにこやかで愉しそうなのが、国柄の違いというかなんというか・・・。
Ame_photo026

米軍の対戦車兵器。
Ame_photo027

朝鮮戦争関係とか。
Ame_photo028

ベトナム戦争のヘリポーン部隊の展示。他の展示と比べると、ベトナム戦争の展示がボリューム少なめなのが、戦争ごとにアメリカ人がどういう意識を持っているのかが感じられて興味深いですね。
Ame_photo029

最後に60年代初頭のアイテムを集めたコーナー。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でタイムトラベルする過去の時代は1955年でしたが、アメリカにおけるノスタルジックの代名詞となる時代って50~60年代くらいなんですかね?
Ame_photo030

『忌憶』小林泰三

最初に収録されている短編『奇憶』は逃避型ファンタジーのパロディというか奇形みたいな作品。

進学や就職に失敗して完全に引きこもり状態になった男が幼い頃の不可解な記憶を思い出して 「この世界は本当の世界じゃない」という確信(妄想?)を持ってしまう話です。
小林泰三の得意とする〝ゴミ屋敷〟描写や、奇怪な幻想世界の描写が魅力的な作品でした。ラストの一言も素晴らしい。

第二の月『ショゴス二号』とか『タンホイザーゲート』といった小ネタ的なネーミングがシビれます。
(2007/03/21)

忌憶 角川ホラー文庫

忌憶 角川ホラー文庫

『猫とともに去りぬ』ロダーリ

ファンタジー好きの人にとっては『ファンタジーの文法』の著者として知られているロダーリの作品集です。収録作は一般的なファンタジーというより、皮肉の効いた大人の童話といった感じの作品が多いです。イタリアを舞台としている話が多いのも特徴でしょうか。

一番面白かったのは『カルちゃん、カルロ、カルちゃん あるいは、赤ん坊の悪い癖を矯正するには……』という短編(それにしても題名長い)。ラファティ『カミロイ人の初等教育』の逆の話、といえばいいでしょうか。超天才、しかもテレパシーやテレキネシスまで使える赤ん坊が生まれてきて、それを気味悪く思った両親や周囲の大人が赤ん坊を徹底的に〝凡人〟に教育する話です。
教育制度の矛盾を皮肉たっぷりに衝いている話で、興味深く読まされました。
(2007/03/18)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)

『姉飼』遠藤徹

第10回日本ホラー小説大賞受賞作です。
なんというか、コレや『夏の滴』がOKで『バトル・ロワイアル』がNGというホラー大賞の倫理基準がイマイチ分かりませぬ。

表題作『姉飼』は串刺しにされた姉を昆虫を飼うように飼う話。そのまんまです。
でも、私が本当に面白くて不気味だと感じたのは、姉に対する残酷描写よりも〝蚊吸豚〟〝脂祭り〟といった奇妙な生物・風俗に関する描写でした。現実に存在しない生物をこんなに生々しく気持ち悪く描けるのはスゴイ才能だと思いました。最後に収録されている短編『妹の島』においても〝オニモンスズメバチ〟の壮絶な生態に寒気を感じましたし。

残酷恋愛ホラーもいいかもしれませんが、この作者にはぜひ生物モノのパニック小説を書いていただきたいです。
(07/02/21)

姉飼 (角川ホラー文庫)
姉飼 (角川ホラー文庫)

サイトをリニューアルしました。

実は去年の年末からちょくちょくと作り続けていたのですが、ようやくある程度形が出来上がったので、本日から公開します。

WordPressを導入したので、少しは「近頃」のサイトっぽい雰囲気になったかと、、、

基本的にはケモミミじゃない作品の感想を、時々こっちの方に書いていく予定です。

『パニックの手』 ジョナサン・キャロル

この中の『友と最良の人間』という短編、どこかで読んだ話だと思ったら、昔読んだ犬小説アンソロジー『幻想の犬たち』にも収録されていました。
『幻想の犬たち』の佐藤高子訳に比べると『友と最良の人間』の浅羽英子訳は病弱少女チリッチの喋り方がかなり子供っぽくなってます。

収録作を読んで気づいたのですが、ジョナサン・キャロルの作品は大人の女性より若い娘・少女をヒロインとして設定しているものが多いんですね。
病弱少女のでてくる『友と最良の人間』がそうですし、自殺した娘が掃除にやってくる『おやおや町』も。表題作『パニックの手』も最終的に主人公が相手に選ぶのは大人の女性ではなく少女です。

『パニックの手』はコンピュータゲームの話題をものすごく自然に扱っているところに物語以上に感動してしまいました(『パニックの手』とは作中に出てくるゲームのタイトル)。
ゲームの話題を自然に扱えるジャンルはライトノベルかSFくらいだろうと思っていたので、こういう使い方もあるんだなあと目から鱗が落ちた感じです。
(07/02/08)

パニックの手 (創元推理文庫)
パニックの手 (創元推理文庫)

『暁の女王と精霊の王の物語』 ネルヴァル

150年近く前に書かれた、シバの女王バルキスとソロモン王の幻想的な恋物語・・・と紹介されている作品ですが、実際読んでみるとかなり印象が違います。

この物語の真の主人公は天才建築家のアドニラムであることは間違いないですし、テーマは恋物語よりも、人類の智恵・技術の賛美に偏っているように思われます。
そのせいで、神を篤く敬い人の力の限界を諭すソロモン王は悪役扱いです。

アドニラムは神聖なイスラエル王国に仕える身でありながらバベルの塔に思いを馳せ、スフィンクスのような人獣の偶像に美を見出す、神をも敵にまわすような恐るべき技術者です。
現代ならマッドサイエンティストという役回りでしょうか。
常人を遥かに凌駕する能力ゆえにソロモン王から宮殿・寺院の建造を一手に任されていますが、アドニラムは神を讃える寺院を造るより、神の創造物を超えるモニュメントを造ることに夢中です。

そこへやってきたシバの女王バルキス。
初めこそソロモン王との逢引に応じるバルキスですが、神よりも芸術や知識そのものを愛する彼女は、次第にアドニラムに興味を惹かれていきます。
そしてアドニラムの手による驚異のモニュメント〝銅の海〟でついに二人は出会い、予想だにしない運命の歯車が廻り始めるのです。

古典に属するファンタジーですが、展開がスピーディで登場人物も魅力的なのであまり古さを感じさせません。
ソロモン王もアドニラム(ソロモン宮殿の建築者)も旧約聖書が元ネタですが、詳しい知識がなくても雰囲気で読めると思いますので海外ファンタジーの雰囲気が好きな人ならオススメな作品です。
(07/01/16)

暁の女王と精霊の王の物語 (角川文庫)
暁の女王と精霊の王の物語 (角川文庫)

『エラントリス 鎖された都の物語』 ブラントン・サンダースン

かなり面白かった! ハヤカワのファンタジーとしては久々の当たりです。
異世界ファンタジーのパターンなんて出尽くしていると言われますけど、工夫次第でいくらでも目新しいのを作れるという証明みたいな作品。

物語の舞台はエラントリスという魔法都市と、その側にある新興国アレロン王国。
かつて、エラントリスの住人は身体から光を放つほど美しく、魔法を使って奇跡を行い、普通の人々からは神のように崇められていました。
エラントリスの住人になる方法は唯一つ、≪変容≫とい奇跡的現象が起きること。
普通の人でも≪変容≫が起こるといきなり天使のようなエラントリス人の姿になる、というわけです。

ところが、十年前に≪レオド≫という大災害が起きてから、エラントリスは崩壊し廃都と化しました。≪変容≫もその性質を変えてしまい、≪レオド≫後に≪変容≫に見舞われた人間は神どころか皮膚の崩れた半死者、いわばゾンビのような存在に変わってしまいます。

物語はアレロン王国の若き王子ラオデンが≪変容≫に見舞われて半死者となり、王宮を追放されるところから始まります。
未来の指導者を失い政情が不安定になったアレロン王国を見透かしたように、覇権国家デレス教国から先兵として派遣されてくる紅鎧の大主教ホラゼン。
アレロン王国を守るため、ラオデンの許婚サレーネ王女がホラゼンと対決することになるわけですが・・・。

上下二巻構成ですが、とにかく最初から最後まで話が二転、三転して目が離せません。
登場人物全員がそれぞれの思惑を持って行動しているので、本当に一筋縄ではいかない。
敵役のホラゼンも単なる侵略者ではなく、自らの信念に従って行動している武人なので憎めません。むしろ後半は味方側以上に見せ場があります。最終決戦時の『わたしのすることに、見せ掛けなど一つもない!』はカッコよすぎる。

このホラゼンみたいな十字軍・テンプルナイツ的な宗教的信念を持った騎士は、宗教嫌いな日本人作家にはなかなか描けないだろうなと思います。
神を真剣に信じて行動する、とういう行為を日本人はとかく馬鹿にしちゃいますから。
著者は末日聖人派の信徒だということで、なるほどなあと思いました。

この作品は本当に言いたいことが盛りだくさんで全部書ききれないです。 ファンタジー世界には珍しい経済国家アレロン王国とか(元はエラントリスの魔法品を売る商人ギルド。国王は元・商工会議所の議長)。
最悪の運命に見舞われながらも諦めることなく半死者たちを統率し、廃都からアレロン王国をうかがうラオデン王子と、その右腕・晴耕雨読のガラドン。
そしてもちろん魔法都市エラントリスそのものにも異世界ファンタジーの醍醐味がたっぷり詰まっています。

ライトノベルもよいのですが、面白い異世界ファンタジーはライトじゃない重厚さがないとなあ、と思う今日この頃です。
(06/12/17)
エラントリス 鎖された都の物語〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)
エラントリス 鎖された都の物語〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)

エラントリス 鎖された都の物語〈下〉 (ハヤカワ文庫FT)
エラントリス 鎖された都の物語〈下〉 (ハヤカワ文庫FT)

『夜市』恒川光太郎

第12回日本ホラー小説大賞・大賞受賞作。

高校時代の同級生・祐司に夜市に行こうと誘われたいずみ。存在するはずの無い夜市では妖しい存在が様々な謎の品物を売っていました。怖くなったいずみは帰りたいと訴えるのですが、祐司は何かを探している様子。
祐司が夜市にやってきた真の目的は、子供の頃に〝野球の才能〟買うために売ってしまった弟を買い戻すことだったのです。

山尾悠子の幻想小説を思い浮かべてしまいました。雰囲気がなんとなく・・・。ただ、山尾悠子の作品よりも人間の温もりみたいなのが感じられます(というより山尾悠子の幻想世界では人間の醜い部分も冷静に提示されるからかもしれませんが)。

私はもっと恐ろしい、酷な結末になるのかと考えていたので、逆に物足りなく感じてしまいました。ホラー大賞ですから、残酷であるがゆえに本当に泣ける『D・ブリッジ・テープ』みたいなのを期待していて・・・。

ただ、ファンタジーとしては非常に良質な作品です。もうひとつの収録作『風の古道』も幻想的イメージに溢れていますし。
夜市 角川ホラー文庫
夜市 角川ホラー文庫

猫耳や狐耳のついた「獣耳キャラクター」について、漫画・小説・ゲーム・アニメ等における表現史を調査している同人サークルです。